LINKS
ABOUT ME
CATEGORIES
NEW! ENTRIES
ARCHIVES
OTHERS

 Why don't you come in ?!

  いまや北海道から沖縄まで!子ども向け英語ショー「WILDBUNCH の Easy Busy With ABC 」を全国展開させている、なんちゃってプロデューサーマミの日常
新春1月4日 WB Legend?マミ、マスミ、ササ3人の復活のライブに来れ!
0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    12月14日(日)晴/寒っ! 

    一年以上更新をしていなかったこのブログ!忘れた頃にやって来るのは、災害だけじゃない!あのお騒がせな三人、、っつって
    自分、入ってますんです、中に、ハイ、、復活?! 蘇り?→怖っ! 傍迷惑なお目汚しライブ、しますねん。 

    題して!  「WB Legend Reunion Event  あの頃君はバカだった」

    先日FBでチョイト吠えたのですが〜、私、小口、佐々の「懲りない、学ばない、諦めない?!」3無いトリオ、名付けて〜「No Direction」によるライブ?ショー?いや、祭だな、祭!中高年の祭ーあの頃君はバカだった!の詳細をお知らせします。
    いや、あのう、別に、何か?ってか?

    まあ、暇と〜体力と〜忍耐力を〜持て余している〜そこのアアタ!待ってるよ〜!

    日時:新春1月4日(日)開演:14時半(開場:14時)
    会場:新宿区榎町地域センター(地下鉄東西線 早稲田駅1番出口徒歩7分)
    4F 多目的ホール
    入場料:1500円/1人(前振り込みをお願いします)
    お申込/お問い合せ:e-mail :  wbmami@yahoo.co.jp 
                                     tel/fax: 03-5311-9837
    申込受付開始:12月15日(月)

    お申込頂いた方に、入場料の振込先(郵便振替口座)をお知らせしますので公演当日前までにお振込下さるようお願いします。

    正月早々、皆でバカ笑い〜しようじゃないの〜!

    お申込、お待ちしてます! XXX Mami
    | Diary | comments(0) | - |
    麦、山門にて、待つ!
    0
      10月8日(火)晴 ちと蒸し暑し。 台風が又近づいているそうで、その影響か?今日は汗ばむ陽気でありました。
      今年は普通に秋になった気がしてたけど、気温は高めなのね。去年、一昨年と暑い〜秋だったから今年は楽に感じて
      おりやした、、夏が暑過ぎたからか??

      さてさて我が家にやって来て2週間ちょっと過ごした麦、The dog!なんと言いましょうか〜すっか〜り我が家の子に
      なっちまいました、あは!もう何年も前から一緒にいたみたいな〜まあ、ずっと途切れる事無くゴールデンばかり飼育しているわけでずっと一緒感も当然っちゃあ、当然であります、ねえ?

      先代、更がぶっ飛び犬で最初は大層手を焼きましたが、でも無類の人間好きで誰彼となく寄って行っては「遊んでくれ〜」と言わんばかりにアピール。でもって顔から何からベロベロ嘗めまくる、愛の嘗め嘗め攻撃よ、有り難くもないんだけどねえ。今度の麦はそういうアピール性が無い。超〜サッパリタイプ、そう、日本犬に近い性格、、名付けてお茶漬け犬、どうざんしょ?

      飼い主である私の顔も殆ど嘗めない。めっちゃ私に懐いており散歩の時はずっと私を見上げて歩く程なんだけど、嘗めたり猛烈なアピールをする事はない。先々代の吟に近いタイプであります。でもって八幡様のお掃除オジさんに「今度の子は愛嬌が無いねえ」なんて言われちまった、あっちゃ〜!顔もどっちかって言うと〜地味系?男顔でがんす、ワン。

      我が家にやって来てまもない頃、八幡様を散歩中に若いお姉ちゃん3人組とすれ違いざまに「あの犬の名前絶対に太郎だよ、太郎。だって顔が太郎だもん!」と言われ、犬母思わず吹き出した。でもって麦を指差し「メス!」と言うとお姉ちゃん達爆笑。
      まあ、太郎顔って事なのねえ、、私、、、結構なっとくした、あはは。

      でもですなあ、性格はすこぶる良く、これぞゴールデンらしいゴールデンってなタイプ。訓練能力が高いので躾がホント、楽!
      基本の「待て」や「座れ」は躾されて来たのですが、散歩での側歩や長い距離の待て、そして何より我が家で一番ハードルの高い、八幡様の山門でのオフ リーシュ状態(リードで繋がれていない状態)での「待て」を昨日とうとうマスター!

      私がお参りする間→これが何せホレ、あれこれ山ほどお願いするから結構な時間がかかるんですけどね、デヘ、、、ちゃんと
      待ってる事ができました〜!その前の日までは私の姿が社殿の中に見えなくなると「ピ〜ピ〜」って鼻を鳴らして落ち着かな
      かったんですわあ。これが昨日からできるようになりまして、犬母、超〜嬉しい!山門で待つ麦の写真をここに添付!ホントに
      愛い奴でございます!
      JUGEMテーマ:日記・一般

      | Diary | comments(0) | - |
      縁あって家族ー麦!
      0
          9月25日(水)曇/雨 一気に秋が深まった感の今日この頃、、、日の暮れるのが早まりチット寂しい気持ちにもなるけれど〜〜何と言うても気持ちの良い気候。まあ今日は雨だけどね、残念!

        今年は異常気象というのか、、あちこちで大雨の災害や竜巻の被害、、何を隠そうウチの遠い親戚にあたる京都の嵐山の旅館も浸水の被害を被った。これまでも台風被害はあったけど、竜巻まで、、日本で竜巻が頻発するなんて、、ちょっと前まで考えられなかった。自然が人間の文明に大して復習しているような気がして、、空恐ろしくなる此の頃であります。

        先月末の更の昇天以来、流石にしばらく気持ちが落ち込みまして〜このブログも又もや放りっぱなしに。ホントに私はアマちゃんっす。それはそれとしてチャンとする事をしな、なあ?あかんよねえ?→と他人に振る、あたりが、アアタ!アマちゃんのアマちゃんたる所以、分かっちゃいるけど成長しない奴!もはや修正のしようもない年だ!ったく〜我ながら呆れるばかり。

        とこの後殆ど書き終えたこのブログ〜〜〜!!間違えて消してしまった!!あ〜〜〜ったく!!
        何と書いたっけっか、、、思い出せない、、悔しい!

        とにかく、、ええっとですね、、更の死後数日して、あの子を私に託したIさん→Iさんと言っても外人じゃないからねえ、、あ、言うまでもないか!、、、が更にお線香を、と訊ねて来て下さったんですわ。Iさんは、更を手放した後しばらくし状況が落ち着いてから、犬里親探しのボランティアで犬の一時預かりをしていまして、その中の一匹、最後まで里親が見つからなかった子を引き取り飼育しているとの事。

        私の落ち込みに心配して下さり、その翌日から里親探しの情報をメールして下さったんですね。私もあちこちの里親探しサイトをネットサーフィンし、幾つか申込んでもみたのですが私が単身者だからか?とにかく外れまくった。犬の飼育暦18年と説明しても大抵外れ、そもそも「単身者お断り」の団体は少なく無く、個人的には釈然としない気持ちでおりました。

        蕃殖を引退させる犬の里親を探しているゴールデンの蕃殖家の書き込みを見つけ、送ってもらったその子の写真の姿、様子が余りにも哀れで遥々岐阜までその子を引き取りに行こうと連絡し、夕人に車を出してもらう手配から宿の予約まで万全の準備を整えていざ出発のその前々日に他の人に渡したとメールがあり大憤慨!

        縁が無いのかと半ば諦め半分で見たサイトで、今度は宇都宮でゴールデンの里親を探している人の書き込みを発見、最初の掲載から2、3日経っていたので既に里親が決まっているだろうとダメもとで問い合わせた。そうしたらこれがトントン拍子で話が進み〜〜先週の土曜日21日に四たびメスのゴールデンを迎えたのであります。

        元の飼い主さんに車で連れて来られた「奈々」が〜今我が家におります「麦」であります。元気で丸々としたーチョイデブ?アハハ〜〜、、更に比べると体格は一回り大きい感のドッシリ型、どちらかと言えば落ち着いて大人しい〜子でございます、はい。

        性格は、「飼い主、命!」の日本犬みたいで、私にべったり。散歩中も何度も私の顔を確認する程で、人間なら基本誰でも好き〜〜甘えるよ〜〜更とは随分と違うタイプであります。散歩で会う誰もが「今度のは大人しいねえ、、でも見た感じ同じだから違和感ないね」って笑います、あは!

        我が家の猫蓮も、犬が違う事に気付いていない様子でして〜アハハ、、ホントなんだから、こちらが拍子抜けする程以前と変わらず平然と麦を受け入れておるんです、ハイ。笑えますよ、ホントに。

        ソファの上で猫蓮と一緒にリラックスモードの麦の様子をここにお見せしますワン。縁あって家族、、そうそう驚いたのは〜〜麦と更は生年月日がたった一日違い!同じ年の同じ月に一日違いで産まれておるんです!!しかも元の飼い主さんは、私がここ10年程毎年公演に伺っている宇都宮の幼稚園のご近所さんだった!縁ってホントに不思議ですよねえ。

        来るべき子がやって来たのだと思い、一日でも長く一緒に暮らせるように元気で長生きして欲しいとひたすら祈る犬母であります! 

        | - | comments(0) | - |
        さらば、さっぽん、、更、夏の終わりに逝く
        0
           8月28日(水)快晴 気温は高めありますが、ここ数日は湿度が低く暑くても爽やか。空が少し遠くに見えて秋の訪れを思わされますわあ。

          さてさて、、ここにその闘病の様子を書いておりました、我が愛するおバカ犬、更、通称さっぽん、でありますが〜健闘空しく病に敗退!一昨日の月曜日(26日)、夕方1人、、じゃなく〜一匹であっちの世の旅立って行きました。まだ4歳と10ヶ月という若さでした。

          ちょっと弱ってるかな〜?と気になり、先週の月曜日、車で我が家に英会話レッスンにやって来た友人にお願いし更を西荻の獣医の先生の所へ連れて行ったんです。歯茎を破って口の中に飛び出している腫瘍や、身体の各部をチェック、食欲も散歩もほぼいつも通りと聞いた先生はホントに感心して「僕が知りたいのはねえ、、、どうして更ちゃんはこんなに元気なのか?って事」と何度か繰り返す。つまり〜顔半分が腫上がる程の腫瘍を持っていながら、しかも特に治療もせずに普通に暮らしている事が信じられないようでありました。

          診察に伺う度に先生はしみじみと「凄いなあ」を連発してましたから(笑)多分、普通では考えられない更の様子だったのだと思う。まあ、子犬の時はスーパーハイパーな奴でしたから、尋常じゃないエネルギーを持っていたのかもねえ。

          その日は追加の抗生剤を頂いて何事もなく帰って来たのですが〜翌日、急に何も食べなくなってしまいまして、、、先生からは「痛みを感じるようになると食べなくなる」と聞いていたのでいよいよか?!と心配したのですが、しばらくすると嘔吐し前の日に食べたものを全部吐き出した。犬母は単純に「単なる腹痛?」と実はホットして、、だって痛みを感じて食欲喪失だったらホントに可哀想だから、、様子をみておった。

          そうすると翌日には又ちょっと食べてくれたので一安心していたのが、その翌日かな?又何も食べない。その上排泄のために外へ連れ出しても100メートルと歩けない。食べていないので便が出ないのは仕方がないが、水はガブガブ飲んでいたのでオシッコは出るはず。出ないと今度は腎臓に負担がかかるだろうと心配で、犬母は何とかオシッコだけはさせようと更を引きずるようにして外へ連れ出すのだがヘタって動けない。

          又もや西荻の獣医さんの所に自転車を飛ばし、状況を説明してフード代わりになる栄養価の高いドリンク剤をもらって帰った。これを注射器を使って飲ませた所、その後食事をしている私の足下に、元気な時同様に私の食べてる物のおこぼれを待つ様子。口の中で噛んでやってから与えると良く食べる。「食べたくれた!」とホントに胸を撫で下ろしたんですけど。

          その翌日から又一切何も食べない。排泄に行こうにも動けない。連れ出してもマンションの敷地から出る事もままならない。何とか少しでも歩かせて、オシッコさせようと、少し先を歩くのだが、正直、どうして良いかわからず、へたり込むさっぽんを数メートル先から見つめて私は泣いた、、「どうすれば良いのかお母さん、分かんない!」声を上げて泣いた。
          そんな私を見つめるサッポンの力ない姿、、、あんなに辛かった事もない。

          オシッコは最悪室内で漏らしても良いや!と開き直って部屋に戻り、翌朝、これが一昨日の朝なのですが、点滴でも射ってもらったら少しは元気になってくれるかもしれないと一縷の望みを持って同じマンションの犬友に車を出してもらって獣医さんへ。

          食べていないので口から薬を与える事ができないため、抗生物質と非ステロイド系の薬の2本注射してもらう。「今後は注射で投薬する方が良いので、飼い主さん、自分で注射を打てますか?」と聞かれ「できます、できます!」って。まあ、この際何でもやるよ、ってな気持ちですよね(笑)更にとっては有り難くない事かもしれないんだけどね、あはは。

          そうして帰宅し、様子を看ていたら又もや激しく嘔吐。息づかいも辛そうで心配だが、私はあの子がそんなに早く死ぬとは思っていないわけですよ。何せそれまでが相当元気にしてましたから、容態が悪くなったとしても、先の犬、吟がそうだったように、何度か復活すると信じておったのです、本当に!

          その日は夕方、永福町でのクラスがある。代役の無い仕事ですから休むわけにはいかない。さっぽんは絶対に復活する、と信じて、更を残して仕事に出かけた、、「さっぽん、お母さんが帰って来るまで頑張ってね。行って来るからね。お母さん、さっぽんのためにお仕事してくるからね」。さっぽんは「キュ〜ン、キュウ〜ン」って、、。あれは苦しくて啼いていたのかどうか、、、初めてあんな声で啼くのを聞きましたわ。

          結局これがサッポンとの最期の別れになってしまいました。絶対に生きている、と信じて帰宅した私の目に入ったのは、出かけた時のその格好のまま、うつ伏せで事切れているサッポンでした。もう冷たくなっていましたから、多分私が出かけた後間もなく死んでしまったのではないかと、、、、。あの子が逝く時に側に居てやれなかった事が本当に無念で又あの子に申し訳なく、、犬母は泣けて泣けて、、ホントに可哀想な事をしました。

          何せ暑いですから、更は翌日、つまり昨日の朝早々に火葬に出し、30日にお骨となって帰って来るのを私は待っております、はい。さっぽんが大好きだったボールと愛用のレインコートを一緒に持たせ、あっちの世で父や祖父、先輩犬の風花や吟と一緒に遊んでもらえるように。

          我が家の犬となった当初、本当にハイパーで破壊的で手に負えないお転婆犬の更で、私も相当手を焼き、このブログでも何度か愚痴りましたが、手放す事も真剣に考えた程でした。でも成長してから、、ここ2年程かなあ、躾も訓練もちゃんとマスターし、何よりその人懐っこさと憎めない天然キャラで、ご近所の皆さん、、床屋のオバちゃんや、看板屋のお兄さん達、八幡様のお掃除をしているオッチャンに本当に可愛がってもらった。それは、優等生過ぎた吟には無かった、天然の愛すべきキャラ犬でした。

          何を見てもあの子の事が思い出され、寂しく悲しくなりますが、命ある物、全てはいずれ死ぬ、、飼い主の宿命、死なれた時の辛さは覚悟で飼い主になるのですから仕方が無いです。

          サッポンのお骨が帰って来たら、一度、田舎へお骨を持って帰り実家の庭にでも埋めてやろうか、、と考えております、はい。

          いずれは私もあっちの世に行くわけですから、あっちで又一緒にボール遊びする日を楽しみにしてますわ。更の心配をして下さった皆さん、本当に有り難うございました!



          | - | comments(1) | - |
          更っぽん、奇跡を起こせるか?!
          0
             8月16日(金)快晴/酷暑!残暑お見舞い申し上げます。ったく、今年の暑さと言ったらどうなんだろう?!風通しの良さだけが自慢の我が家、これまでどんなに暑くても日中にエアコンを使う事は無かったのでありますが、今年は何日か使った。悔しい〜。

            でもですなあ、それは私が暑さに耐えられなかったからではなく、更がね、シンドイ様子で見ておられませんでしたのよ、この鬼犬母でもね。

            というのもですなあ、ここの更新を放ったらかしにしている2月程の?間に、さっぽん(更の愛称ざんす)の顔の腫瘍があれこれ悪さをしまくってくれたのでありますよ。最初は7月の頭頃だったか?口からやたらと涎を垂らすようになり、しかもその涎が異臭を放つので犬母は気になって口の中を調べた。そうしたら奥に、丁度親知らずを抜いた後のような穴らしきものが空いているのを発見。多少出血もしており、まずは消毒!とヨードチンキで拭いてやったれば、これが、アアタ!口の中に使えるものではなかったようで〜デヘヘヘ〜さっぽんがOPP(お腹ぴーぴーの略!)になっちゃった。堪忍!

            化膿すると大変なので、獣医さんの所へ抗生剤を頂きに自転車を飛ばした。この抗生剤が思いの外効いたようで、その後は出血も涎も止まりホット一安心。その後は毎朝晩口の中をイソジンで消毒してやっておりました。

            すると、数週間後、、その歯茎の穴の部分から肉片→つまり腫瘍の一部よね、、が出ている。プニュプニュした何て表現すれば良いのか、とにかく結構グロテスクな物、、エイリアンですよ、エイリアン!、、が少しづつ成長しているわけですよ。怖いでしょう?

            でもって毎日の消毒は続けておったのですが、先週の木曜日だったか??消毒をしている最中に激しく出血!その出血量が半端じゃなく、流石の犬母も恐ろしくてそれ以上口の中をいじる勇気が無い。どうも勢いづいた腫瘍が新たな出口を歯茎に見つけて、そこから出て来ようとしているんだね。怖いでしょう?

            出血量が多かったので、私もその晩は不安で眠れず翌日、子供のレッスンの後に又獣医さんの所に飛んで行った。先生に状況を説明し、止血剤か何か処方して欲しいとお願いすると先生は「止血剤は与えても意味がないと思う。ここまで来たら症状を少しでも緩和して残りの命のQuality of lifeが良くなるようにしてあげるしかできないですね」と言って、試しにという感じでステロイド剤を処方して下さった。

            同時に前回効き目のあった抗生剤も出して頂き、ひとまずそれらを与えてみた。そうしたらですなあ、翌日には出血が止まり異臭を放つ涎も治まったではないの。

            そして数日後、膿みのような物が今度は更の目から流れ出て来る。腫瘍の奴めが今度は目から外に出ようとしてるのか?!その膿みを拭き取ってやろうとサッポンの顔に触ってビックリ!それまでカッチンカッチンの岩みたいに堅かった更の顔の左半分がプニョプニョと柔らかくなっている。その柔らかい部分を押すと目から大量の膿みが出て来て、その量たるや始末するのにティッシュ1箱使った程。

            2日程かなりの量の膿みが出たのだが〜〜〜その後、な、な、何と!更の顔の腫れがかなりひいているではないの。まんまるパンパンだったのが、その半分とは言わないけど、かなり小さくなっているんだわ。これがもうびっくり!犬母嬉しくて小躍りしちゃったもんね。

            その後ここ数日は、目からの膿みも大分量が少なくなり小康状態を保っております。ステロイドが腫瘍に作用したのか否か?は定かではないがサッポンの症状は明らかに良くなっている、、と少なくても私にはそう見える。食欲もあるしさ、この暑さの中散歩もそこそこしてるしね。

            獣医の先生は、その状態でも更の食欲が落ちず、散歩もしていると聞いただけで「凄いねえ」と驚嘆していたから、多分普通では有り得ない事なんだと思う。出血が酷くその様子を看ている私は辛い、犬が苦痛を感じているのであれば、安楽死も考えざるを得ない、と話すと先生も「それも一つの選択ですよ。でも食欲があって食べてるって事は痛く無い、って事ですよ。本当に痛くなったら食べなくなるし泣きますから」って。

            よって食欲もあれば散歩の元気もあるサッポンは、苦痛は感じておらず、しかもひょっとしたらこのまましばらく、、、願わくば数年!、、生きてくれるのでないか?!とまあ奇跡を祈る犬母であります。でもって獣医の先生には、このステロイド剤の効用について是非とも論文を書いて頂きたいワン!
            | Diary | comments(2) | - |