LINKS
ABOUT ME
CATEGORIES
NEW! ENTRIES
ARCHIVES
OTHERS

 Why don't you come in ?!

  いまや北海道から沖縄まで!子ども向け英語ショー「WILDBUNCH の Easy Busy With ABC 」を全国展開させている、なんちゃってプロデューサーマミの日常
<< Happy New Year ! 嗚呼〜生きてるだけで丸儲け main シュールレアリズム顔犬、更ーーその後〜 >>
嗚呼、あまちゃんーjjjな日記!
0
     5月22日(水)晴/ちと暑し  いや〜〜〜我ながら感動ものの久々のブログの更新、、、前回の更新がいつだったか確認して呆れた、何とまあ年明け1月4日ではないの!よくもまあこんんだけ放っておいたよねえ、、、、。忙しかった?、、、いや、、忙しくてもブログの更新程度の作業はできるわなあ。ネタ切れ???う〜ん、まあ、それも否定はできないわねえ、、私の日常なんて大した変化があるわけがないしね。もう少し何とかしたいなあ、、、と今日はこうして更新しておる次第。

    前回の更新から5ヶ月近く?、、、きゃ〜〜〜そんなに前かい!、、、腫瘍ができた更の顔はもはや軽〜く宍戸錠を超え、ボコボコにやられたボクサーの試合翌日みたいな感じで、、この話は後日こってりと書くもんね。

    今日は〜「あまちゃん」よ〜あまちゃん!え?何の事かって?うっそ〜〜〜!!この春の朝ドラですよ朝ドラ!まあ見てない人にとってはどう〜〜〜でも良い話でございましょうが〜〜ドップリはまってしまった私みたいな輩には、もはや三度の飯より「あまちゃん」!→ってのは嘘だな、食い意地のはった私、三度の飯は何より大事だな、あはは!

    とにかく〜〜あまちゃん!その面白さと言ったらどうしたものよ!私にとって不滅のNo.1朝ドラ、「ちりとてちん」に勝るとも劣らない、、、う〜ん、感動、大泣き、って点ではちりとてちんの方が遥かに上だけど、面白さ、おかしさではダントツ今回のあまちゃんだわねえ。

    毎日録画して日に3〜5回は見てる程のはまりっぷり!でもって毎回同じポイントで爆笑したり涙ポロリしてるんだから、まあ〜〜目出たい(笑)

    脚本のクドカンが同郷、、宮城の、しかも相当なド田舎!私の田舎もかなりイケテル田舎っぷりだけど、クドカンの地元はホント正真正銘の在!ウチの田舎から車で40分程で行くのかなあ?あんなド田舎から→失礼!よくもまあ、これ程ぶっ飛んだ才能の持ち主が現れた事よねえ、とマジで感心しております、はい。

    クドカンの作品は基本、コメディ。今作品も「うっそ〜〜何それ〜遊びすぎ!」とテレビのこっち側から突っ込み入れたくなるよなナンセンスのてんこ盛りなんだけど〜その中に胸にジ〜〜ンと来る台詞やエピソードが盛り込まれ、私、結構涙させられております、きゃ!

    まず舞台となっている三陸の海の景色がねえ、美しいんだ、、切なくなる程美しいの。それで泣いた。私のような三陸で生まれ育った者には、海は特別な存在でして、、津波にあれ程壊滅的な被害を被ろうと、海が嫌いにはなれない、、少なくても私は今でも海は大好きだ。その三陸の海が本当に美しく描かれていて、それだけで最初の頃は涙が出た。いろいろ思い出して、、気がつくと涙が出たりしてたねえ、、。

    母親に連れられて東京からやって来たヒロインのアキが、地元の女子高生、ユイーーその後親友になるんだけど、、に出会って話をした時に、、ユイは田舎が嫌いで東京へ出てアイドルになる事を夢見ているんだけど、、ユイが東京の事がとても詳しく、それは東京からやって来たアキ以上にいろいろ知ってるわけ。アキは反対に東京では居場所の無い子だったのが北三陸にやって来て解放されて行き大好きになるわけですよ、北三陸というド田舎が。

    その時の台詞に「ユイにはこの町が見えていない、自分に見えていない東京があったようにユイにはこの場所の良さが見えていないんだ」というような台詞があって、私、ボロボロ泣きました。私も、ホレ、田舎を捨てたも同然な奴でして、正直、田舎が好きとは言えなかったですからねえ。でもねえ、、もしかした、私にはあの田舎の良さが見えていなかったのでは?見ようとしていなかったのでは?と、、、つくづく思わされたんですのよ。今でも時々その台詞を思い出しては、震災後の石巻の事をぼ〜〜っと考えたりします、はい。

    メッチャ軽そうなんだけど、でも深い〜メッセージが込められてたり、心の機微をさりげなく描いていて、あ〜〜クドカンは天才!何てストーリーの展開が上手いんだろう、と毎日感心させられております。まあ、私に感心されたってねえ?クドカン、ヘ?ってなもんだろうけどさ、アハハ。あんな面白い本が書ける才能に嫉妬さえ覚えるからね、怖!

    今後ストーリーは場所を東京に移して展開して行くようで、美しい三陸の海が見られなくなるのは残念だけど、変わらず楽しみに見て参る所存。この夏にはできたら、撮影場所となった北三陸、久慈に行ってみたいなあ、、、とマジで考えるマミであった。ボテチン
    | Diary | comments(0) | - |